商品撮影物撮り

化粧品のボトル撮影ー商品撮影を依頼するときに注意すべきことー

よくお客様から、化粧品関係の撮影の依頼を受けます。
大きな会社からであれば、物撮りについても担当者はよく知っていらっしゃるので、ご説明の必要はないと思います。

ですが、ベンチャー系のスタートアップや、中小企業で広告宣伝の業務を引き継いだばかりのご担当者の方は、「商品撮影」「物撮り」についてよく知っておいてほしいことがあります。
(そういえば、過去に「ものとり」をお願いしたいんですが、というお問い合わせをいただき、「もの盗り」かと思い、内容が理解できずにいたのですが、お話を進めてゆくと「ものとり」ではなく、「ブツ撮り」を「ものとり」と勘違いしていらっしゃった方がいらっしゃいました。)

まず、ひとつ、弊社に撮影を依頼される担当者の方に知っておいていただきたいのは、写真撮影をしてすぐにそのデータがそのまま、希望するものであるとはほぼ限らないということです。
特に、美をブランドとする商品はなおさらです。撮影時には、いろいろと配置を整え、通常では置けないレイアウトでは、細工をしながら配置をします。
また、クリームのような美容品であれば、クリームをきれい見せたくても、どうしても後で画像加工処理を施したうえで、合成をすることが多いです。

例えば、こちらの写真をご覧ください。

こちらは撮影しただけのデータです。これでも、本体とキャップの位置は細工をして止めてあります。

そしてこちらの写真をご覧ください。

クリーム部分や、本体のグラデーションなど、撮影だけでは、実物のイメージを伝えるのに足りない部分を、画像処理で補っています。
これで、ようやく、実物の商品イメージに近くなりました。

この撮影は、レタッチなどの細かな作業が含まれますので、ブツビズの「フルオーダー撮影」となります。
よくお客様から、「1カット数百円でお願いできないか」とのご質問もいただくことがございますが、そういった方は、他社様の1カット数百円のサービスで試されてみていただくとよいと思います。

ですので、商品撮影で失敗しないためには、商品の宣伝にかけられる予算をというものを、特にスタートアップや商品撮影依頼の経験が初めての方は、考えておくと無駄なくスムーズに商品撮影サービス会社に依頼できると思います。
たとえば、2万円の1点ものの商品で、数千円の商品撮影料金をかけるのは無謀だと思います。採算が合わないのではないのでしょうか。
それが、2万円の売価の商品でも、数千個以上販売できる見込みであれば、きっちりと商品撮影をしたほうが、宣伝広告効果は上がるはずです。
売価が2万円でなくても、売価20円のチョコレートでも、月産1000万個の商品であれば、数万円の商品撮影料でも、おつりがくるはずです。

例えばのお話です。

お問い合わせや見積はお気軽にこちらからお問合せください。
http://butsu.biz/inquiry