ドレッシングの切り抜き撮影とイメージ撮影

ドレッシングの切り抜き撮影とイメージ撮影

ドレッシングの商品撮影(キリヌキ撮影)とイメージ撮影を行いました。

よく撮影を依頼されるお客様から、「こんなイメージで撮ってほしいんだけど!」とご指示をいただきます。
たとえば、このドレッシングのイメージ撮影は、「サラダにかける瞬間をフレッシュイメージで撮ってほしい!」とのことでした。
お皿や小物をお客様の方でご用意いただき撮影する商品と一緒に送っていただいても構いませんし、ある程度のものは弊社で揃えることも可能です(小物等を弊社で揃える場合は別途料金がかかりますのでご相談ください)。

食品の商品撮影(ボトル)

こちらのイメージ撮影のほうは、サラダとサラダボウルを弊社で用意させていただきまして、光沢の白いデコラ板の上で撮影をしました。
なかなかここまでになりますと、「ちょっと自分で撮影してみよう」というのは不可能ではないでしょうか?

そして商品撮影のほうは、撮影後に切抜きをいたしました。
よく「切り抜かないでもいいので、背景を白で撮影してくれればいい」という方がいらっしゃいますが、黒締めを行なう関係上どうしても切り抜きとなってしまいます。

商品撮影(黒締め)

この撮影でいう黒締めとは、白い背景と被写体(ここでは撮影をするドレッシングのボトル)が溶け込んでしまわないように、ドレッシングのボトルの周りに黒い紙を置いて、ボトルの輪郭に写りこませて輪郭を強調することです。
これをしないと、ボトルの存在感がなくなってしまうんですね。

撮影なんて簡単!とよく言われるのですが、プロだからこそ1点1点このように丁寧にお撮りしております。

お見積はお気軽にこちらからお問合せください。